バラード第1番

Img_5881 羽生選手が新しいSPでショパンのバラード1番を使うとヤフーのニュースにのってたので、あら!と思い、ピアノの楽譜をごそごそさがしたところ、ありました。

20代のころに発表会でひいた曲です。

今きくと、胸の奥がじーんとするような感じに。

さっそくピアノに向かいましたら、少し指が覚えていました。

30年近くたってるのになぁ・・・若い時に学習することって大事やなぁとつくづく感じます。

今、しっかりひくことができたら、若い時よりきっと情感たっぷりにひけると思います。

年取った分。

ピアノの先生がいってた、楽譜を小説のように読みたいというのを思い出します。

音を感じるということはほんとにおもしろいこと・・

自分の中に眠っていたものがむくむく起きてきそうな感覚です。

ユーミン

Yuminn_2 いにしえの楽譜

中学校のときのもの。

およそ35年前だ・おそろしや・・

ずっと使っている楽譜。

フォークを耳にして、ギターを抱えてまねごとのようにひいていた。かぐやひめやさだまさしやおぐらけい。

ユーミンの曲はポップで、詩がしみわたるようで、ピアノの響きはとてもシンプルで和音がきれいだった。

本を買って知ってる曲から弾きながらうたった。

荒井由美のころの曲が好き。

音楽は年をとらないなぁ・・。

アコーディオンで・・

Akoきっとぴったりな音色だと思う曲を弾こうと思って久しぶりに引っ張り出してきた。

ジャニスイアンのボサノバ風の曲。アコーディオンならいい感じに・・

あー・・・でもなんて重いんだ。9キロ弱あるこの楽器・・

もう少し若いころは保育所で遊びながら弾いたのに・・

よし。練習するぞ。

肩こりにまけるもんか・・・

シートピアノ

Sitopiano 不思議なピアノ

兄が通販で買ったといってくれた。

血圧計のようにくるくると巻いてあって、ひろげるとこんな風に・・・

音はいろいろな音色があって、リズムもでて、サンプル曲も入ってる。

すごいなあ・・こんなうすっぺらいのに・・。

でも鍵盤をしっかり押さえないとだめだよ。指のトレーニングになるかなぁ・・。

きっとこれを考えたのは、鍵盤楽器をどこでも気軽に楽チンにもちはこべてひきたいんだって思う人が考えたんだ・・。

ギターのようにひょいって持っていけるように・・。

このピアノはきんちゃく袋にまるめてはいるんだよ。

お買いものにでももっていけそうな手軽さです。

HAZY HORSE

Hazyあびこのライブハウスで。

ニールヤングの曲をカバーするおじさんたち。

爆音の曲の歌詞には、戦争や平和、愛や人の弱さなどの歌詞(翻訳だけど)であって、そんな歌詞になんとなく人のもろさと愛おしさを感じてしまうのは私もおばさんになったから??

私のもう一つの居場所。音楽を一緒にやれる仲間がいるのはとてもすばらしいこと。

音楽と人との出会いに感謝します。

ピアノ

Piano 今日は年に2回のピアノの調律の日。

20年前にかったピアノ。そこからのお付き合いの調律師の人。

このピアノの主治医のように状態をよく知ってくれています。

調律する日はピアノの部屋を掃除して、いつも物置にしてるピアノの上もすっきり。カバーもはずして大きな口を開けれる日です。

弦をたたいて出る音はとても素敵な素直な音。昔なら、鍵盤の上を滑るように弾いてたはずなのに、今は転げながら弾いてる・・・ごめんね。

娘もどこまでひくかわからない・・。もしかしたら孫がひくかなぁ・・。

おばあちゃんのピアノっていって弾いてくれたらうれしいなぁ・・。

それまでいい調子でいてね。ピアノの調律師さんもずっと長いおつきあいでいてね。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ