« 大豆ミートで生姜焼き | トップページ | HIROコーヒー »

生豆でいるいる

Img_5148 休日の朝は、生豆を「いるいる」で炒ってコーヒーをいれます。

最近、炒り方がわかってきて、1回目のはじける音、2回目のはじける音がわかってきました。

2回目のはじける音が聞こえてきたら、これくらいの色に変ってきます。

家じゅうがコーヒーの焙煎の香り。

近くに生豆を売っているところを見つけたんです。

ローカルな立花商店街に、前は「まるい」という果物屋さんとパーラーがありましたが、そこを閉め、「まるい」のコーヒー屋さんができていました。

生豆を幾種類もそろえ、御客さんの好みを聞いて焙煎しています。だから、商店街のかなりの範囲でコーヒーの焙煎の香りが漂っています。

なんだかリッチな気分。ちょっとお上品な。

これってかなり地域の高感度アップにつながっているのではないかしらとコーヒーの好きな私は思うのです。

そこで、生豆を買いました。

挽きたての豆で布のフィルターで淹れると、もこもことふくらんでまったりした口当たりになります。

最近はゴンチチを聞きながら台所にたつのがいいです。

« 大豆ミートで生姜焼き | トップページ | HIROコーヒー »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/257938/51320062

この記事へのトラックバック一覧です: 生豆でいるいる:

« 大豆ミートで生姜焼き | トップページ | HIROコーヒー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ