« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

洋ナシ

Younasi でっかい洋ナシ、みつけた。

いかにも、洋ナシ体型そのもの。

手のひらいっぱいの大きさよ。

昔、JR芦屋の駅前がまだ今のように再開発されてないころ、駅のまえにハイジというケーキやさんがありました。喫茶室もあり、ピアノもおいてありました。時間が合えば若い学生さんが、ポピュラーな曲を弾いていました。

そこにあった洋ナシのタルト。そのころは、洋ナシ自体みたことなくて、薄く切られてタルトにのって焼かれてある姿しか知りませんでした。甘くやさしいかおりのタルトでした。

生の洋ナシを食べたときは感激しました。

りんごのように歯ごたえがなく、いい香りでやさしい味で・・・。

この洋ナシは2日ほどおいて熟して食べたほうがいんだって。

まだ硬いんだって。

あー楽しみ。

ふうせん

Huusenn たくさんの風船が浮かんでるのをみて心がうきうき・・

まだこどもの心が残ってるから?

小さいころ、宙に浮かぶ風船の映画を見ました。

赤い風船。まるで感情をもってるかのように町の中を飛び回り、寂しく消えていったような内容だったと思います。

宙に浮かぶゆっくりとした動きの風船は、何か言いたげで、どことなく孤独感を感じます。

風船をもつ子どもの目はきらきらしていました。

空を飛ぼうとする風船をぎゅっとつかまえる手に力がはいっていました。

クリスマス飾り

Photo あるお店にいくと、こんなすてきなクリスマスの飾りがありました。

なんだかちょっと大人の気分。

中には黒の飾り、シルバーの飾り・・まさに大人の雰囲気・・・。

自然の実を使ったリースもたくさんありました。

やはり私は自然のものがいいかなぁ・・

大きな松ぼっくりや、名前のしらない木の実がいっぱい。

この季節になると赤く色づく木の実もあり・・・。

この赤いきれいな装飾と自然の木の実はとても対照的でしたけれど・・

どちらもともにツリーの木にあうものでした。

クリスマスのお友達

Sannta お天気がいい休日によく行くところがあります。

伊丹の山中育樹園。たくさんの苗や鉢、かわいい小物もうっています。

何がいいかっていうと、町のおしゃれな花やさんより、花が元気でやすいからです。花を大事にしてもらってるお店です。

今日はクリスマスの雰囲気を楽しめるシクラメンと、雪だるまのサンタがみつかりました。かわいいサンタ。玄関先にかざりました。

小さくて見えにくいけど、鉢の中にもサンタを飾っています。

町の中は商業のためのクリスマス飾りがいっぱい。

クリスマスの意味を知って祝う習慣はないけれど・・・

幼いころ、クリスマスツリーが大好きでクリスマスのうたをいっぱいうたって、サンタが来ると信じて大きな声でプレゼントのお願いをしたころの記憶がいつまでも残ってる。

そんなあったかい記憶をいつまでも残したくて、家にも連れてきました。

クリスマスのお友達・・。

シチュー

Sicyu いつものシチューを今夜はひと工夫。

フランスパンの器に入れてチーズをたっぷりかけてオーブンで焼きました。

こんがりいいにおい。

ちょうどいい大きさのフランスパンはなかなかみつからない。

大き目のパンでしたけど、こどもたちはぺろりとたいらげてしまいました。

寒くなるこれからの季節・・ちょっと気持ちのあったまる食事でした。

今度はパイ皮で・・・・。

大人も誕生日

Sora2 今日は妹の誕生日。

いくつになっても誕生日はいいもんだ。

だって、生まれたことを感謝する日だよ。

一緒にお祝いできる人がいることにも感謝。

この世に生まれ出ることは大変なんだろうね。きっと・・・。

みんなそれぞれ大事な約束事の宝箱を抱えて生まれでてくるんだよ。

誕生日おめでとう・・。

柿の葉寿司

Kakinohazusi 柿の葉寿司。いただきました。

柿の葉が殺菌効力があるってどうやって知ったのでしょう?

昔の人の知恵と工夫はすごいです。

いえ、自然のちからは奥深く純粋です。

賞味期限がいつまでとか、表示がどうこうとかじゃなくって・・

食べれそうな間が食べれるときなんです・きっと。

においや色や味、きちんと反応できるように味覚も臭覚も備えてるのに、それをごまかそうとするからわからなくなるんだよね・・。

なんていっても、おいしいよ。このお寿司。

ありがたく・・いただきます。

世間

Sekenn2 すこし高いところから町の様子を見下ろすと、たくさんの人たちが家をかまえて住んでるのがよくわかる。

一個の家、マンション・・たくさんの家庭があって、たくさんの人が住んでて、それぞれに考えも気持ちも様々で・・・なんて思うと、世間って広くて深くてすごいなぁ・・なんて思ってしまう。

私はそのなかのひとり・

ちっぽけなひとりだけど、考えも気持ちもこんなに大きい。命も重い。

そんなちっぽけな人の集まり・・偉大であり・・無力であり・・

平和で静かな暮らしが長く続きますように・・。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ