トップページ | 2007年4月 »

うさぎ


お気にいりのうさぎ。
どことなくとぼけていて
どことなくおだやかで
何もいわないけど、なんか言ってる。
ここにいるよーって。
子どものころ、妹に母親が小さなぬいぐるみを作ってやっていました。
不恰好でもどことなく愛嬌のあるぬいぐるみでした。小さな妹はなんとなくそのぬいぐるみを連れて遊んでいました。
何もいわないけれど、ぬくもりを感じるものでした。

なんとなく居心地がいいように思うぬいぐるみってあるもんですね。そばに置きたいっていう・。

続きを読む "うさぎ" »

はな

玄関先に植えた花が元気になってきました。
寒さが和らいで、春がきたかなぁ・・

誰が見ようと見まいと精一杯花びら広げて咲いてるのはりりしい姿です。
パンジーは精一杯パンジーとして咲くことが幸せなんでしょうね。
そんなことを考えもしないか・・
自然なまま、自分の命のまま存在できること・・

土の中に眠っていた去年のスノーボールの種、今年も出てきてきれいな花を咲かせてくれました。強いなぁ・・ほんとに。どこに隠れていたんだろ。
             

続きを読む "はな" »

ギター

うちは楽器好きです。(といえば聞こえがいいですが。)息子がギターを弾きだして、親父のギターを借りて弾くのでなく、自分のギターがほしいと言い出しました。
年頃の子どもにはよくある話です。
でも、母はつい昨日のように思い出すのです。
まだ2歳ごろ、きれいなコーティングをしたダンボールで息子にギターをつくってやったのです。
ちゃんとタコ糸の弦もはって。
それをもって、玉置浩二のライブのビデオをみながらじゃんじゃかひいておどってたのです。
そう、これが君の初めのギターなのだ。

今は本物のギターで玉置浩二の曲をひいてる。
小さいころの体験はバカにできません。
もっといろんな曲を聞かせればよかった・・
ビートルズやクラプトンや・・

でも音楽は一生の宝物。
下手の横好きでも、好きなものに出会えたことでずっとそばに居てくれるものです。

続きを読む "ギター" »

休日のそら


おやすみの日にみあげた青空。
きれいな青でした。
忙しい日・疲れた日はついつい下を向いてすごすことが多いけれど、ほっと一息つけるおやすみの日にお天気がいいとうれしくなります。
こんな日は洗濯するのも、気持ちがいい。
こころまで洗ってもらえそうな空。

続きを読む "休日のそら" »

ひらがなのことば

知り合いの人のブログに写真と詩がかいてあります。
きれいな写真のそばには、彼を思う気持ちが短いことばにつめられて書いてあります。
何かを感じられるというのは私にもその思いの一部を経験してるということでしょうか。
某有名人の書く文章、奥深いことが書かれています。でも、その人はひらがなをいっぱいつかいます。わかりやすい、ひらたい言葉で奥深いことを語ります。
子どものことばも同じかな・・数少ないつたない言葉をひらがなでかくと・・
おとぅちゃん・おかぁちゃん・・
まんま・おいしーね・
いたいいたい・・
ねんね・ねんね・・・
短い幼い言葉が多くの人に通じるのはみんなそのときをすごしてきたから。人に言葉と愛情をもらってきたから・・
誰のこころにも自然に受け入れてもらえるような、そんなひらがなのことばのように生きれたらいいなぁ・・

続きを読む "ひらがなのことば" »

感謝のことば

卒業式で子どもたちが親への感謝のことばとして、「生んでくれてありがとう。」というメッセージをきいた。
んーほんとに子どもはそう思うのかなぁ・・・
(なんてひねくれた親だ!)
それより、子どもを産んでから、生まれてきてくれてありがとう。という気持ちになった。
子どもは自分の力でうまれてくる、母親は体を貸すだけだなぁ・・と感じたこともあった。
だって出産って不思議だもの・・・
ま、どちらにしても、そこにいてくれるだけで、いいのかも。
生意気な口をきいたって、ひげがはえたって、寝顔はかわいいまま。
どんな風に大人になるのか、ゆっくりみてることにしよう・・。

続きを読む "感謝のことば" »

オルゴール

息子が学校の授業で作ったと、オルゴールをもってかえってきました。パーツを組み立ててつくるもので、ぜんまいをまくと、飾りの人形も動き出します。

へー最近はいろんな教材があるんだなぁ・・・って思わず関心してしまいます。
工夫しないと、生徒の気持ちものらないのでしょうか?
でも、なんでオルゴールの音ってこんなに気持ちにしみるのでしょうね。
単純な音の組み合わせで速さもかわるのに・・
一音一音がやさしい音だからかなぁ・・
昔、バレリーナがくるくるまわっておどるオルゴールがよくありました。
ちいさいながらに、動くことが不思議で、見入ってしまったのを覚えています。
ぼーっとしながらオルゴールの音を聞きながらコーヒーのもうっと。
                     

続きを読む "オルゴール" »

保険のおばちゃん

今日は某保険会社の人がやってきた。
今の保険の形を新しいものに変えたほうがお得ですよという話だった。
よく思うに、なんで保険の人ってお話が上手で聞き上手なんだろうって思う。
商売だから?
いやいや、人の一生にかかる話だもの、それなりにその人のことを考えて話しなければ、商売にならんやろう・・・
子どもがまだ赤ちゃんのとき、ちょっと年配の保険のおばちゃんが来たことがあった。
子どもの世話をする様子をみて、言ったこと・・
「子どもって、どれだけの人に愛されるかで幸せがきまるよね」って。
そのとき思った。母の力でなんとか子どもたちをしっかり育てなくてはと力が入っていたけれど、周りの人に頼って、たくさんの人にかかわってもらって、かわいがってもらえるようにするほうがいいんだって思った。
ふっと力が抜けた一言でした。忘れられない言葉です。

続きを読む "保険のおばちゃん" »

さくら草

毎年この時期になると、家の前をさくら草で満開にしているおうちがあります。
その前をとおるたびに、ほんとに和やかな気持ちにさせてもらっています。
どんな人が植えているのか知りませんが、10個ほどのプランターにあふれんばかりに咲いているさくら草です。
さくら草のおうち・・
花を上手に咲かせるのは難しいですね。
肥料をあげ、水遣りをし・・
昔、観葉植物を育てていたとき、暇な時間が多くて、しょっちゅう手入れして、さわっていました。いわばかまいすぎ。
すると、次第に元気がなくなって枯らしてしまったのです。子どもも一緒。かまいすぎたらだめなようで、そこそこに必要なときにかまうのがいいようです。
そこそこの必要なときって、難しいのよね。
目を離さないで見てないとだめね。

続きを読む "さくら草" »

先輩かあさん

今日、仕事場であった人。主任児童委員の人です。
地域で子育てサークルをひらいて、近隣にすむ親子の居場所作りをしているそうです。
他にもいじめや虐待に関する研修をうけてるのよーと話してくれました。
近所の先輩かあさん。
子育てでこまったことを話せる人がこうやって近くにいてくれたらいいでしょうね。
親にいえないこと、甘えられないことでもちょっと距離のある人にならいえてしまう・・。
聞くほうも同じかなぁ・・
そうそう、自分の子には感情が入って怒ってしまうけど、仕事で保育をしているときには冷静に客観的にみれるものね。子どもっておもしろいなぁって・・楽しいのもそうかも。
でもね、親でもしんどいときや機嫌の悪い時だってあるのよって自分の子どもにも知ってもらわないとね。「しっかりしてね。おかあさん」っていわれたもんなぁ・・。ごめんねー。

続きを読む "先輩かあさん" »

大袋パセリ

某スーパーにいくと、大袋にぎっしり詰まったパセリがうっていました。それも100円で。
こんなにたくさんどうやって使おう・・・無駄になるのがわかってて買うなんて、いくら100円といえども・・と悩みながらも買ってしまった。
よし!と半分は刻んで冷凍に。残りのうちの半分を今夜のおかずに・・まだある半分は弁当の彩りに・・・。ひとふさをキッチンの隅に水にさして飾りました。
パセリって嫌いな子はおかずにのってるだけで、そのおかずが食べれない子がいたなぁ・・って保育所の子どもたちを思い出していました。
その子も今頃はいいお年頃だろうなぁ・・
パセリも絶対食べないといけないものではないけれど、食べれたら楽しさもおいしさも広がる。
子育ても同じかなぁ。おいしいものも楽しいものもいっぱい経験したいものね。

続きを読む "大袋パセリ" »

子育てさんぽ中

子育てに夢中な日々に必要なのは何かしら・・・と

いろんな人に出会いながら、いろんなものに出会いながら感じたことを綴ろうと思います。

今日、出会ったのは三つ子をもつママでした。

2歳半の3人の子どもたちはママのひざの取り合いをしながら遊んでいました。

ママは「スイカを抱えてるみたいにおもかったのよー」って笑って話してくれました。

子育ての経験を笑って話せるっていうのはたくましい母の証拠。

細いママでしたけど、柔軟なたくましさを感じる人でした。

http://hccweb5.bai.ne.jp/broad-bean

トップページ | 2007年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ